ボールミル

ボールミルとは? | 株式会社エイシン

ボールミルとは?

ボールミルとは、粉体・粉末原料の粒子ををさらに細かく砕く(粉砕)際に使用する
従来からある最もベーシックな粉砕機です。

 

実際の粉砕方法としては、
粉砕したい粉体・粉末原料と一緒に、セラミック(アルミナ・ジルコニア)や金属(ステンレス)
などの硬質ボールをポット(ドラム)と呼ばれる粉砕容器=円筒型の胴体に投入します。
このポットをボールミル本体のローラー上にセットし、自転方向に回転させます。

 

円筒内でボール同士がぶつかり合うことで少しずつ原料をすりつぶし、
より微細に粉砕されていくというしくみです。

 

ボールミルは、構造がシンプルで扱いやすく、スケールアップがしやすいというメリットがあり、
また生産機として大型化も可能であることから、幅広い用途で粉砕機として使用されています。



資料請求



お問合せ


 



〒736-0032 広島県安芸郡海田町南幸町10番6号
Tel:082-823-4659 Fax:082-823-1439

ホーム RSS購読 サイトマップ