ボールミル

ボールミルの構造 | 株式会社エイシン

ボールミルの構造

ボールミルの構造は非常にシンプルです。

 

ボールミル本体の動作は、
原料と粉砕ボールを投入した円筒容器(ポット)を
横に寝かせ、一方方向に回転させるのみです。
(写真 ※1)

 

駆動は、ポットを受けて、回転させる2本のローラーだけ
ですので、構造自体も非常にシンプルだということが
おわかりいただけると思います。

 

 

(※1)
ローラー軸は左右に2本あり、ポットを載せるローラーは
ウレタン製になっています。

 

ポット径によってローラー軸間のピッチを調整します。
ローラー回転数もインバータ周波数にて変更可能です。

 

 

 



資料請求



お問合せ


 



〒736-0032 広島県安芸郡海田町南幸町10番6号
Tel:082-823-4659 Fax:082-823-1439

ホーム RSS購読 サイトマップ