ボールミル

ボールミルに投入する原料とメディア量 | 株式会社エイシン

ボールミルに投入する原料とメディア量

ボールミルで粉砕処理を行う場合、ポットへ投入する原料とメディア量について説明します。

 

一般的には、ポット容量に対し

粉体原料: 約35%
  
メディア: 約30%
 
空 間: 約35%

という比率がよいとされています。
つまり目安としては、ポット容積に対し約1/3ずつということになります。

 

ただし実際には粉砕する原料によって条件は変わってきます。
粉砕時間を短縮するためにボール量を増やしたり、逆に1バッチあたりの処理量を
増やすために、原料投入量を増やしたりすることもあります。

 

原料によって最適な条件をつかむ必要がありますので、この数値はあくまでも
初期の一般的な目安としてお考えください。

 

 

 

ボールミルによる粉砕条件

 

原料の仕込み量

 

ボール(メディア)投入量

 

粉砕時間

 

 

 

これを基準にして、粉砕しやすい原料であればさらに原料の投入量を増やすことも可能ですし、
逆に粉砕しにくい原料(時間がかかりすぎるなど)であれば

 

原料の投入量を減らす

 

ボールの投入量を増やす

 

処理時間を長くする

 

などの条件変更を行ってみてください。 

 



資料請求



お問合せ


 



〒736-0032 広島県安芸郡海田町南幸町10番6号
Tel:082-823-4659 Fax:082-823-1439

ホーム RSS購読 サイトマップ